安全衛⽣の取り組み

現場でのヘルメット100%着⽤

GMSの産廃回収や解体現場では100%のヘルメットと⻑靴の着⽤を義務づけています。産廃業界はトラック⾞両からの転落事故が多く、転落を防ぐことはもちろんのこと、⼤きな事故には絶対になってほしくないからです。

乗務点呼と体調確認

安全施策の⼀つとしてITを活⽤した乗務点呼を⾏い業務内容の確認や体調の確認をしています。コミュニケーションが活性化することによってチーム全体で無事故を達成しようという安全意識のさらなる向上に繋がっています。

⽉次の安全ニュースレター

事故件数や、新しい試みなどを毎⽉ニュースレターで発信してメンバー内で共有しています。チームのメンバーが全員参加しながら課題を共有し事故ゼロや業務改善などの解決に取り組むという社内の意識が定着してきています。

過去の事故の可視化

実際に起こってしまった事故の例を現場事務所で常時再⽣しています。慣れからくる油断を防⽌して常に危険を予測する「かもしれない運転」を定着させるという安全活動に役⽴ています。

⾞内外ドライブレコーダーの標準装備

GMSの産廃回収⾞両には万が⼀の事故に備えて全⾞に⾞内外が録画できるドライブレコーダーを標準装備し、ドライバーの安全を守るとともに、安全に対する意識の向上に役⽴てています。

安全衛⽣顧問

⼤⼿ゼネコンで⻑年にわたり安全衛⽣に携わってきた阿部芳雄さんに安全衛⽣の顧問としてご活躍頂いています。⼯場管理から安全な運転などあらゆる業務において、第三者の⽬で厳しく指導を頂いています。

コンプライアンスの取り組み

IT活⽤による回収数量及び積込写真のリアルタイム共有

現場での回収が完了すると、その場で回収品⽬、数量、積込写真を記録しシステムに⼊⼒します。お預かりした産廃をしっかりと管理し、適正な処理を⾏います。

電子マニフェストの導入支援

電子マニフェストの導入や運用など、導入や運用の支援を行っています。マニフェストをより適切且つ簡易に運用を希望されるお客様は、是非ご相談ください。

業務顧問

業務顧問 島⽥啓三さん

大手ゼネコン等で産業廃棄物の適正処理推進に長年携わっている島田啓三さんを業務顧問としてお招きし、適切な廃棄物管理業務のご指導を頂いています。